幅広い需要に迅速なサービス! 歴史を「凝縮」1万3千項目

「日本」を記録した膨大な映像データベースです。
劇場用ニュース映画「読売新聞ニュース」(昭和12年〜15年)や「読売国際ニュース」(昭和24年〜平成9年)
の制作などを通して、
半世紀以上にわたる膨大な映像を蓄積しています。
放送業務をはじめ、各種短編ビデオなどへの提供サービスを行っております。
1.1951年(昭和26年)戦後、駐留軍がいる東京銀座の風景。1953年(昭和28年)国会での吉田首相の答弁。
2. 1958年(昭和33年)フラフープ流行
1962年(昭和37年)東京上空の大気汚染。
1963年(昭和38年)東京・勝鬨橋の跳開風景。
3.1964年(昭和39年)羽田空港と東海道新幹線開通、1965年(昭和40年)東京銀座の路面電車と車。
◎映像ライブラリーリスト検索
イカロスの映像ライブラリーには昭和12年から15年(読売新聞ニュース)、昭和24年から平成9年(読売国際ニュース)の膨大な期間のニュース映像素材が蓄積されています。検索には、一般社団法人記録映画保存センターによって運営されている下記の記録映画JPをご利用ください。

該当の年月日、号数、ニュース項目内容、封切り日をメモして申し込みください。なお、キーワード検索にヒットしなくても、弊社のより詳細なデータ項目で見つけることも可能ですので、お気軽に映像ライブラリーにお問い合わせください。
 ※こちらで詳細な検索ができます。→ 記録映像.jp へ
 (こちらのサイトは、一般社団法人記録映画保存センターによって運営されています)
◎映像素材料金表
【料金体系】 「使用目的別料金+業務費+複製費」を合算

【使用目的別料金】 Aランクは昭和40年(1965年)以後の映像
          Bランクは昭和30年(1955年)以後の映像
          Cランクは昭和29年(1954年)以前の映像、その他撮影困難な映像や空撮等
使用目的 ランク 10秒までの基本料金 11秒以降1秒ごとに
放送 短編 イベント(1ヶ所1月以内)VP A ¥32,400〜 ¥1,620〜
¥48,600〜 ¥3,240〜
¥54,000〜 ¥4,320〜
映像商品 展示映像 音楽プロモーション ¥54,000〜 ¥2,700〜
¥75,600〜 ¥4,860〜
¥108,000〜 ¥5,400〜
劇場映画 ¥86,400〜 ¥5,400〜
¥129,600〜 ¥8,100〜
¥172,800〜 ¥10,800〜
CM 別途規定あり
【注意】
  • 右の料金表に【業務費+複製費=¥70,200(税込)】が加算されます。
  • 放送1回分の料金です。再放送の場合は新たに使用料が発生します。
  • 映像素材の中に第三者の権利が含まれる場合は申請者が承諾を得てください。第三者の権利は、料金表には含まれておりません。
  • 検索・試写ともに原則的に無料ですが、ワークテープをお持ち帰りになる場合は、料金(¥5,400から)が発生します。
映像使用許諾申請書 ダウンロード(PDF)
  • 映像素材の使用に際しては、以下に定める使用遵守事項の各項目を厳守することを承認 の上、許諾申請をお願いいたします。
  •  1.映像素材の使用にあたっては、申請者の責任において著作権、並びに人権の保護を必 ず配慮致します。
     2.映像素材に含まれる人物、物品、場所にかかわる著作隣接権、肖像権、興行権その他 映像音声素材に係わる権利者に対する権利処理手続き
     及び権利料、報酬等の支払いは申請者の責任において 行い貴社には一切負担をかけません。
◎お支払い、受け渡し方法
【お支払い方法】
 ◇ 業務用…「現金払い」または「請求書払い」。


【受け渡し方法】
   お電話、またはメールにてお問い合わせください。
【業務費】
 ◇ ビデオ… ¥32,400〜
 ◇ フィルム… ¥54,000〜
【複製費】
 
  • DVCAMの場合… 10ヶ所3分まで¥37,800〜/以後5ヶ所及び1分毎に¥5,400〜を加算。
  • フィルム作業を伴う場合はフィルムにかかわる各種料金と経費を加算。
  • CMについては別途料金設定があります。
◎お申し込みから返却までの流れ
 
  • 映像試写の際は申し込みをお願いします。
  • 貸し出しテープの返却は速やかにお願いします。
貴重な歴史映像を名ナレーター、竹脇昌作氏が独特な調子で解説
◎お申し込み
 
〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社内
TEL 03-3243-2152 FAX 03-3217-3472
 (電話受付時間:10時〜18時〈営業時間内〉)
※土日、祝日は電話対応はできません。メールにてのお申し込みとなります。
 E-mail:library@n-ikaros.co.jp
  • 2014年4月から読売ニュース映像は読売新聞社の所蔵となり、ライブラリー業務は 株式会社イカロスが代行しています。

  • 映像素材の使用に際しては、以下に定める使用遵守事項の各項目を厳守することを承認 の上、許諾申請をお願いいたします。
  •  1.映像素材の使用にあたっては、申請者の責任において著作権、並びに人権の保護を必 ず配慮致します。
     2.映像素材に含まれる人物、物品、場所にかかわる著作隣接権、肖像権、興行権その他 映像音声素材に係わる権利者に
      対する権利処理手続き及び権利料、報酬等の支払いは申請者の責任において 行い貴社には一切負担をかけません。
読売新聞社の100万枚を越すニュース写真ライブラリー
「ニュース写真センター」も併設されています。

映像・写真が一体化した総合サービス
 〈映像ライブラリー〉TEL 03-3243-2152/FAX 03-3217-3472